発音の問題例(音の置換と側音化構音)


発音の発達は個人差があるため、あくまで目安ですが次のようなケースに当てはまる場合、言語聴覚士などの専門家に相談してください。

〈ケース1〉

4歳過ぎ(年中さん)だが下記のように発音している。

「かに」を「たに」と言う

「かめ」を「ため」と言う

このお子さんは、「カ」の音が「タ」に変わっています。また、「カ」だけでなく「カ行」が全て「タ行」に変わっています。舌の動きの巧緻性が低いとこのようなパターン的な誤りがみられることがあります。

「カ」の音を出すには奥舌(舌の根本の方)を上にぐっと挙げなければいけません。しかし、「かに」が「たに」になってしまうお子さんは奥舌を挙げることができず、舌尖(舌の先の部分)の方が挙がってしまいます。

〈ケース2〉

5歳になって、来年小学生なのに下記のような発音をしている。

「さかな」を「ちゃかな、たかな」と言う

「そら」を「しょら/とら」と言う

このお子さんは、「サ行」の音が「シャ」「チャ」や「タ」に変わってしまっています。5歳過ぎてもこのように発音していると幼く見られてしまうことがあったり、周りの子からからかわれたりす ることもあります。そのため、話をすることに自信を失ったり、話さなくなってしまう子もいます。

「サ」の音は、舌尖(舌の先の部分)と前歯の後ろで隙間を作り息を出します。この動きが難しいと誤った音になってしまいます。この場合は、ケース1とは逆で、舌尖を挙げることが苦手なお子さんに多くみられます。