セラピスト紹介

言語聴覚士・保育士 船平 舞

学生時代は日本語学を専攻し日本語教師養成講座420時間修了。その後、失語症や言語獲得に興味を持ち言語聴覚士の資格を取得する。臨床敬心クリニックに3年間勤務し、発音指導・言語の遅れ・聴覚障害・吃音・自閉症など100人以上の子供たちの指導を担当する。 2017年よりルクリエで小児の訪問に従事する。言葉の遅れ、自閉症で発語がない、単語レベルのみの発語しかないなど、多くのお子さんの指導を担当する。また、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校で非常勤講師としてSTを目指す学生に講義を行う。 小学校高学年で無発語であったお子さんが、指導を通して発声や発語ができるようになり、年齢に関係なく支援をすることの大切さを改めて実感する。自閉症や発語の指導の開始が遅くなってしまったお子さんの支援は難しいと思いがちだが、指導方法によっては発声や発語につなげていけるということを日々の指導の中で経験する。 言語聴覚士として、「年齢の壁」や「指導の限界」を決めつけることなく、一人ひとりのお子さんの能力を引き出せるように努力することが重要であると考えている。

Rikke Jencel, BCBA 

リッケ・ジェンセル 認定行動分析士

フランス語、英語、ノルウェー語が堪能。BCBAとして、LUCREAのセラピストのスーパービジョンと、フランス語と英語で個別セラピーを行っている。2019年2月からLUCREAにて従事。

 

15年以上にわたり様々な療育施設等で勤務。ノルウェーで勉強を始め、シドニーに渡り、心理学の学士号を取得。その後、フランスで児童思春期心理学と応用行動分析の修士号を取得。修士号取得後、自閉症児の保護者の協会に所属。その後フランスで新しいセンターの開設を手掛ける。行動アナリストとして数年間従事した後、BCBAの認定を取得し、センターを設立した。東京に移住した後、LUCREAにて行動コンサルタント、スーパーバイザー、セラピストとして活躍している。

 

リッケからのメッセージ:

「セラピーに関し、わたしが最も強く信じていることは、どんな行動でも変えることができるということです。セラピスト次第で、子供の行動を機能的で有意義な動作にかえることができます。これは仕事だけでなく日常生活にも適用できることです。

LUCREAのセラピストとして、わたしが支援している子供達の行動を適切な行動に変え、子供達が個々の可能性を最大限に引き出せることを光栄に思います。」

 

Michale Lara, Occupational Therapist

マイケル・ララ 作業療法士

英語とタガログ語が堪能。主に英語でセラピーを行う。2017年から現在までルクリエにて勤務。20年以上の指導経験を持つ。

 

フィリピンでは、センターベースの治療に焦点を当て、主に早期介入に特化して療育を行う。ABA(応用行動分析)、TEACCH(自閉症・コミュニケーション障害者の治療・教育)、PECS(画像交換コミュニケーションシステム)など、さまざまな発達・学習障害を持つ子どもたちを扱う。フィリピンでOT・スーパーバイザーとして15年間働いた後、2015年日本に転居。東京のインターナショナルスクールにて2年間学習支援教師として従事。その後ルクリエでは、センターベース、ホームベース、および学校ベースの設定で OTおよびABAセラピストとして働く。

 

マイケルからのメッセージ:

「早期介入が健全な学習の基盤を可能とし、また、発達の不可欠な部分であると信じています。子供たちとの関わりがわたしの生きがいです。幼い子供との療育を通し、成長と進歩を目の当たりにする瞬間がわたしの幸せです。セラピストにとって不可欠なものは「忍耐」(ペイシェンス)です。どんな子供も個々のユニークなペースでスキルを身につけます。ですから、わたしたちセラピストは独自の方法で忍耐と理解を持って子供が秘めた可能性を育てます。びっくりする変化が必ず起こりますから。」

Ami Choung, SpEd 

鄭 雅美 特別教育スペシャリスト

英語と日本語が堪能。シニアセラピストとして、ABAをベースとして日本語と英語の両方でセラピーを提供する。2018年からルクリエでセラピストとして従事する。日本で生まれ育つ。

 

アメリカで社会学と心理学の学士号を取得する。その後、大学院で特別支援学と障害学の修士号を取得する。この間、特別な支援を必要とする子供のために介護福祉士/ヘルパーとして働く。ABAセラピーの指導経験は10年以上。

雅美からのメッセージ:

「すべての子供が、学べる可能性を持っています。それぞれの子供が輝く最善の方法を見つけることはセラピストに委ねられています。簡単にはいかないかもしれませんが、常に道があり、道を見つけることができたとき、それはセラピストとして真の喜びです。」

Ryo Mike Morita

ジュニアセラピスト 盛田 (マイク) 龍 

英語と日本語が堪能。ジュニアセラピストとして英語でセラピーを担当する。2020年よりルクリエで勤務。日本で生まれ、5歳の時にアメリカに移住。二言語と二文化のバックグラウンドを持つ。幼少期のほとんどをアメリカで過ごす。

テンプル大学で心理学の学士号を取得。English ティーチャーの経験は4年以上。現在RBT(認定行動テクニシャン)を目指しトレーニング中。

非常に親しみやすいマイクの指導スタイルは学童児に大人気。子供たちを導くには、忍耐と励ましが不可欠であるため、社会スキルとライフスキルを育てるため、子供たちが楽しんで学べるような指導を考え実行することがセラピストとしての目標。

マイクからのメッセージ:

「子供たちの学びと成長に貢献することはもちろん重要ですが、学びの過程全体を通し子供たちを楽しませ、子供たちを笑顔にすること、同じぐらい大切です。」

Debbie Enriquez, Physiotherapist 

デビー エンリケズ 理学療法士

英語とフィリピン語のバイリンガル。特別支援教育の資格を持つ。過去10年以上にわたる小児から成人までの幅広い療育経験をもつ。2020年よりルクリエにてシニアセラピストとしてABAをベースとした行動セラピーおよび理学療法を担当。

 

フィリピンのマニラ大学で理学療法士の資格を取得。その後2002年にマニラのデ・ラ・サル大学で特別支援教育の全単位習得。

マニラの療育センターでケースマネージャーを務めた他、特別支援教育教員、さらにトレースカレッジの学校長として従事した。

 

教育分野に携わることは、子どもたちの潜在的能力を向上させ、発達を助ける機会を与えることであることから、子供達の教育に貢献できることに常に喜びを感じている。趣味は旅行、読書、映画鑑賞。

 

デビーからのメッセージ:

「療育指導は重大な責任です。子どもたちの能力を最大限に向上させ、子どもたちが自分の能力に気づく支援をすることがわたしの願いです。子どもたちが、やる気と楽しさを感じながら学べるように導きたいと思っています。子どもたちの成長の過程に共に関われることがセラピストとして働くことの最大のやりがいそのものです。」

​英語のセラピスト紹介ページはこちら