ABA(応用行動分析学)に基づいたアセスメントを学ぶ「実践療育1dayセミナー」【オンライン】受付中

こくちーずにて受付中 >>> 申込みする


ABA(応用行動分析学)に基づいたアセスメントを学ぶ「実践療育1dayセミナー」【オンライン】

2021年2月27日(土) 10:00〜11:30


※同日13:00から「社会スキルの基盤形成についてのセミナー」【オンライン】も実施します。合わせて受講いただけますと、具体的指導方法も学ぶことができます。「こくちーず」より別途お申込みください。 発達に遅れやでこぼこのあるお子さん一人ひとりに合わせたIEP(個別学習プログラム)の作成方法を具体的に学ぶ どうすれば発達に遅れやでこぼこのある子どもに適切な療育をしていけるか、具体的な目標設定や個別学習計画の立て方が分からず悩んでいる。このような方が多いのではないでしょうか。 ルクリエのセミナーで、ABA(応用行動分析学)に基づいたスキルアセスメントを学ぶことで、適切な方向へ子どもを導くことが可能になります。 ★このような方はぜひご参加ください★ 〇発達に遅れを呈するお子さんの指導法にお悩みの方 〇児童発達支援に従事されている方 〇言語聴覚士の方 〇作業療法士の方 〇小学校、幼稚園、保育園の先生で社会面・情緒面が未熟なお子さんを指導している方 〇療育セラピストになりたい方 〇ABAに興味があるけれど、何から始めていいのか分からない方 ABLLS-Rを使ってケース症例からIEP(個別学習プログラム)を作成しましょう! 子どもの個性は多種多様であるがゆえに、一人ひとりに合わせた指導計画が必要です。ABAに基づくABLLS-Rという療育法を活用することで適切な指導計画の作成が可能となります。 セミナー前半では ABLLS-Rの概要や使用方法を説明します。 ABLLS-Rとは行動分析に言語行動を組み入れたアセスメントツールです。子どものスキルを詳細・適切に評価することで本当に意味のある個別指導計画の作成が可能となり、的確な療育や指導をしていくとができるようになります。 パーティングトン心理学博士 (Dr. Jim Partington, BCBA-D)が開発しました。 ・自閉症スペクトラム障害やその他の発達障害を呈する子どものことばと  基本学習スキルの獲得状態が詳しく評価できます。 ・評価結果を基に、子どものニーズに合