就学準備:支援が必要なお子さんのために ①

これから就学を迎える、あるいは進学するお子さんの保護者にとって、学校の選択はとても重要です。お子さんがコミュニケーションや学習に困難を呈している場合、その子にとって最も適切な学習環境を選ぶことは非常に重大な課題です。

「普通級」以外にも「特別支援学校、支援学級、通級」などの用語を耳にする機会が多くあるかと思います。本ブログでは、さまざまな障害に対する日本の教育について背景や違いなどを説明します。

<日本の障害児教育>

最初に、日本の障害児への教育の歴史を簡単にみていきます。

(1)障害児教育の始まり

日本では、1878年に京都盲唖院設立により障害児への教育が始まります。明治期には少数の篤志家の努力によって運営されましたが、多くの学校は、担任不足、財政難によって安定した運営には至りませんでした。

1923年には、盲学校及び聾学校令が出されます。このことにより、全国に盲・聾学校の設置が義務化されました。大正期~昭和初期にかけて、特殊教育への関心が高まっていきました。

(2)特殊教育

1947年に教育基本法・学校教育法が公布され、学校・聾学校・養護学校の就学が義務化されました。しかし、重度の障害者に対しては就学免除・就学猶予の措置が執られ、ほとんどの場合就学が許可されませんでした。 その後、1979年に養護学校が義務化されます。これにより、重度・重複の障害者も養護学校に入学できるようになりました。

(3)特別支援教育への転換

2001年には「特別支援教育」という呼称が採用され、2006年には学校教育法の一部改正されます。2007年になり、正式に特別支援教育が実施されました。知的な遅れのない発達障害も含め、対象が拡大されます。

 以上のように、戦前から障害のあるお子さんへの教育は始まっていましたが、現在の「特別支援教育」が実施されてからまだ20年あまりです。そのため、まだ呼称が統一されていなかったり、地域により様々な面で違いがあるようです。

<特別支援教育とは>

2007年より実施されることになった特別支援教育とはどのようなものなのでしょうか。

「特別支援教育」とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものとされています。

障害があることにより、通常の学級における指導だけではその能力を十分に伸ばすことが困難な子どもたちについては、一人一人の障害の種類・程度等に応じ、特別な配慮の下に、適切な教育が行われています。