場面緘黙(選択性緘黙)とは

本ブログでは場面緘黙(選択性緘黙)の概要を説明します。

場面緘黙とは、普段家の中などでは流暢に話せているのに、学校や人前など特定の場面で話せなくなってしまう症状です。普段話せているため「話したくない」や「わざと黙っている」などと勘違いされてしまうことも少なくありません。わたしが小学2年〜4年生だった時のクラスメートの男児が場面緘黙でした。学校では一切声を聞くことはありませんでしたが年賀状を出したらハガキいっぱいに小さい字でみっちり返事を書いてくれて飛び上がるほどうれしかったのを覚えています。

わたしが通った小学校は今思えば開放的でインクルーシブな学校でした。車椅子のクラスメートもいましたので女の子達は、着替えやオムツ替えを自ら手伝いました。運動場や下校など車椅子を押したりするのは日常のことでした。幼少の頃のこういった体験はわたしがセラピストになりたいと思ったベースになっています。

場面緘黙のお子さんは、感覚的な問題(感覚統合障害)を持っていたり、不安や緊張を抱えていることが多いです。話すことを強要することは避ける必要がありますが、親や学校の先生は、励まそうとしたり、「どうして話せないの?」などプレッシャーを与えてしまうことがよくあります。「話したいけれど話せない」という問題を抱えていますので、自尊心や自信を傷つけたりしないように周りは気をつけなければいけません。本人の不安や恐怖をなるべく取り除けるよう、過ごしやすい環境を整えること、本人のペースに合わせながら徐々に環境を変え成功体験を積み重ねていくことが大切です。

下記、場面緘黙について、その件数(発症率)、主症状、考えられる要因、合併症、支援の方法について説明します。

1.日本における場面緘黙の件数や発症率

場面緘黙とは、発声発語器官に問題がないにもかかわらず、特定の場面などで話すことができなくなることを言います。

日本での場面緘黙症の発症率は、およそ0.1%から0.5%と推計されています。男児よりも女児の方に発症率が高くみられます。5歳未満に発症することが多いですが、就学時まで気づかれない場合もあります。

2.主な症状

 2014年に新たに出版されたアメリカ精神医学会の「DSM-5」では不安障害の一種とされ、診断基準は以下のようになります。