「感覚統合セラピー」の基礎講座を終えて(講義者:OT佐々木清子先生)

ルクリエでは、顧問の作業療法士である佐々木清子先生を招き、「感覚統合セラピ—」に関する勉強会を開きました。STを中心とした専門職や療育支援者が5人集まり、アットホームな雰囲気の中、約2時間に渡り内容の濃い講義を聞くことができました。

レポーター:ルクリエ ST船平舞さん

〈感覚統合の基本〉

講義の前半は「感覚統合」の基礎概念をお話いただきました。

感覚統合に重要な主な3つの感覚:

1 触覚

2 固有受容覚

3 前庭覚

「触覚」は触れたときの圧や痛み・温・冷感覚を司ります。「固有受容覚」は体がそれぐらい動いたのかを知らせてくれます。「前庭覚」は体がどれぐらい傾いたかを教えてくれる感覚です。

これらの3つの感覚に加え、様々な感覚がバランス良く発達していくことで、脳の機能の働きが育っていきます。どこかの感覚が上手く機能しないと、バランスが崩れて色々な場面でつまづきが出てきます。「身体イメージがつかめなくて、うまく動けない、踊れない。お箸やはさみが使えなくて工作が苦手になる。注意が散漫になってしまう。」のです。その結果、自信がなかったり、集中できなかったり、友達と協調性がとれないといったことがみられることは珍しくありません。

脳の働きにとって感覚の発達は非常に重要です。にも関わらず、注目されることが少ないということも事実で