「ステップ Oh!えかき-親子お絵描きワークショップ」を終えて

こんにちは!先日はワークショップにお集まりいただきありがとうございました。「ステップ Oh!えかき」の説明をさせて頂いた村田です。お子さんたちの「描きたい!」気持ちを引き出し、お絵かきがもっと楽しめるきっかけになりましたか。

本ワークショップは「保護者向け講義」と「お子さんたちのお絵かき」という2部構成で行いました。

<保護者向け講義>

まず最初に、作業療法士のマイク先生による指や手の動きに関する「年齢と発達の順番」をご説明いただきました。 発達段階としては、まず手で握るという動作、次に肩の動きが加わり、次に肘、手首のように粗大的な動きから、微細的な運動機能が発達します。これらの運動機能の発達に伴い「絵を描く」という動きができるようになります。運動感覚や運動機能の発達は個人差があることも事実です。そのため、焦らずに順を追ってできることを増やしていくことが大切です。お絵かきが苦手なお子さんは今どの段階なのか、どの段階で難しさを感じているのか、現在の年齢に対して差があるのか等について検討しながら適切なレベルを選択することが大切です。マイク先生の講義を通して、指導する立場にいる者にとって、人体の仕組みや感覚機能、各発達の段階などに関する専門的な知識が大切だと改めて感じました。 次に、私村田によるステップho!えかきのお子さんに合わせたレクチャーを行いました。この「ステップoh!絵描き」はバックワードで出来ることが大きな特徴の1つです。お手本があっても他のものを描いてしまう、または、どこからどう描いていいかまだ分かりにくいといったお子さんには、* バックワードチェイニングが有効です。お子さんのステップを見て一歩前に進めるようなアドバイスをさせていただき