当事者から学ぶ:吃音と緘黙の現実

これまで、言語聴覚士として吃音の方への指導、保護者とも話をする機会がありました。

しかし、その中で言語聴覚士として本当にその方によって最善の指導ができているか迷う

場面が多かったのも事実です。吃音や場面緘黙の治療効果は様々な要因が関係するため、支援方法は複雑で、支援者側もきちんと理解できていないこともあります。

このたび、吃音・場面緘黙を経験し、克服した女性に詳しい話を聞くことができました。少し答えづらいのではないかと思うような質問にも丁寧に答えてくれました。


4回にわたり吃音と場面緘黙の定義や治療法などに関して紹介してきましたが、本ブログでは、吃音と場面緘黙の当事者の生の声を届けます。

吃音・緘黙に気づいたのは誰ですか?

 初めに気づいたのは幼稚園年長時の自分自身でした。元々、人の言葉を聞き取ることが

苦手で、言葉の正しい発音を理解するのに時間がかかりました。理解していく中で、自身

が何か言うときに他の子達にはない「っ」の音がはじめに入っていたり、「あ、あ、あ、

あの・・・」の様にはじめの発音が吃っていることに気づきました。自身の正しくない発

音を人前で話す事が段々と恥ずかしく思えてきて、小学生になった時に「多数の人に見ら

れている状態で発表する場」では一切発言出来ない場面緘黙症になりました。


吃音・緘黙に自分で気づいたのはいつですか?どのような気持ちになりましたか? 

 他の子供達より発音が異様に下手と気づいてからは、まるで自分がダメな人間の様に思

えました。特に、発表会やお遊戯会などのスピーチや演技でまったく話せずにいる自分は

「役立たずなゴミ」であると思いました。他の人の足をゴミである自分が引っ張ってはい

けないと思う反面、当たり前の様に話せる人達が本当に羨ましいです。今はもう仕方がな

いと割り切っています。