吃音と場面緘黙について理解を深める(全5回): 場面緘黙の定義と診断基準


場面緘黙の定義

場面緘黙、もしくは選択性緘黙(Selective Mutism)は特定の場面、状況(学校、外)での発話が困難である状況である。この発話困難の程度は、一言も言葉を発せない状況から小声程での会話なら可能な程など様々である。かつては “Elective Mutism”という「自主選択的な緘黙」で、話せないではなくわざと話さないと考えられていたが、アメリカの精神障害の診断マニュアルのDSM-IV以降は “Selective Mutism” という、「不安のために特定の場面で話せない」病気として扱っている。


発症率は約0.2 ~0.5%程で女子がやや多い。2歳から5歳までの間に発症することが多く、入園や入学時に気づくことが多い。また、自然に改善することが一般的には多いが、成長しても緘黙が続いたり、緘黙の代わりに社会不安や社交不安が発現する例もある。そのため、この症状への治療アプローチは、緘黙状態だけでなくそれに至るまでの心理的要因や当事者が不安を感じやすい場面・環境要因などを改善させる複合性が求められる。


原因

場面緘黙の主な原因は、当事者自身の要因、家族間の遺伝性、そして環境要因の複合であることが多い。生来要因では、知能や言語の未発達、言語を司る脳領域の異常などである。家族性では、場面緘黙を抱える子供の家族間に極度の内向的な親族が多かったりすることが多い。環境面では、上記の様な学校や幼稚園への入学・入園や引っ越しなどの新たな環境に急激な適応を要求された場合に発現しやすい。しかし、確定的な原因はまだ発見されていない。決して、「母親の過保護」や「虐待のようなトラウマ」が原因ではない。


診断基準:DSM-5基準