吃音と場面緘黙について理解を深める(全5回):吃音の診断基準と治療

吃音(きつおん)や場面緘黙で悩んでいる人は多くいると思います。事実、吃音の人は概ね100人に1人の割合で存在し、日本では約120万人、世界では約7000万人もいるといわれています。2020年現在の日本の総人口が約1億2593万人ですので、数字では1%にも満たないですが、100人に1人の割合で考えると、学校の1学年に1人はいることになります。また、場面緘黙は200人に1人の割合で存在し、日本では約60万人、世界では約3500万人超であるといわれています。よって、1学校に約1人存在している計算になります。

しかし、今現在確実な治療法はまだありません。主な理由としては、舌の動きなどの身体的要因や当事者の心理的要因が複雑に絡んでいるため、その全てにアプローチできる方法が確立されていないからです。幸い、有効とされている療法やトレーニングは存在するので、基本的には症状の緩和に努めています。




また、周囲の人からの理解が得にくいことも特徴の一つです。なぜなら、他の人、とりわけ同年代の子供からは、「変な話し方をしている。」「何度言っても直さない。」「わざとそうはなしているのでは、、」「何が言いたいのか分からない。」、などと誤解されやすいからです。「あえてその様に話している吃り(どもり)」としか認識されないこともあり、親はもちろん、学校の教員や子供たちの理解や認識を改善する指導や支援が欠かせません。


本ブログでは、まず吃音について数回に分けてお伝えしていきます。

1回目は吃音の診断基準や治療に関する現状を説明します。