レビュー紹介:「はじめよう おうちセラピー」

本ブログでは、一番最新の「はじめよう おうちセラピー」のレビューをご紹介致します。

投稿者:言語聴覚士を目指しているMMさん







1) 全体のサマリーを聞かせてください。

まず初めに、土台として身に着けておくべきスキルについて説明されており、その上で日常生活に必須のスキルをどう形成していくか、具体例も交えて詳しく説明してあります。各章の最後に、内容の“まとめ“が記載してありますが、再度おさらいをすることで自分の記憶に知識を定着させるのに役立っています。序文に、“自閉症児の能力は個人差が著しいため、一冊に全ての学習児のニーズを網羅することは不可能です。従って、本書では現在全く発語がないか、または語彙力が20語未満の子どもを対象にしています。”との記載がありますが、親としてどうあるべきかという点等、対象ではなくとも十分な学びを得られました。


2) 他の本と比較し、特に学べたところや印象に残ったところはなんですか

翻訳書は、直訳されていることが多いのか、日本語であってもそれを理解するのにとても時間がかかると感じています。「はじめよう おうちセラピー」は初心者でもすんなりと理解できる言葉で書いてあり、難しい語や専門用語には説明が記載されているため、他の書物で調べる必要もなく非常に読みやすいです。専門書は難しくて途中で読むことに挫折してしまいがちですが、こちらの書籍はそれがありませんので、最後まで余すところなく学べます。

発達障害を持つ子どもに、一番最初に行うべきことや親や指導者に重要視されることについて解説されています。なぜそうする必要があるのか、理由も書いてありますので、疑問点がすっきりします。


こちらの書籍に沿ったオンラインセミナーも受講させていただきましたが、より具体的な例を提示しながら進み、疑問点も気軽に質問できました。小さな子どもがいますと、会場に足を運ぶことさえ難しいですが、家で講義を受けられるので助かりました。イメージしていたオンラインセミナーとは全く違い、受講してよかったです。セミナーには様々な業種の方が参加されており、ご意見を伺えてとても参考になりました。書籍で予め予習しオンラインセミナーを受講することで、一層思考と理解度が深まりますのでお勧めです。


3)どんな人にお勧めですか。どのような知識やメリットが得られましたか。