吃音と場面緘黙について理解を深める(全5回): 場面緘黙の定義と診断基準

場面緘黙の定義 場面緘黙、もしくは選択性緘黙(Selective Mutism)は特定の場面、状況(学校、外)での発話が困難である状況である。この発話困難の程度は、一言も言葉を発せない状況から小声程での会話なら可能な程など様々である。かつては “Elective Mutism”という「自主選択的な緘黙」で、話せないではなくわざと話さないと考えられていたが、アメリカの精神障害の診断マニュアルのDSM-IV以降は “Selective Mutism” という、「不安のために特定の場面で話せない」病気として扱っている。 発症率は約0.2 ~0.5%程で女子がやや多い。2歳から5歳までの間に発症することが多く、入園や入学時に気づくことが多い。また、自然に改善することが一般的には多いが、成長しても緘黙が続いたり、緘黙の代わりに社会不安や社交不安が発現する例もある。そのため、この症状への治療アプローチは、緘黙状態だけでなくそれに至るまでの心理的要因や当事者が不安を感じやすい場面・環境要因などを改善させる複合性が求められる。 原因 場面緘黙の主な原因は、当事者自身の要因、家族間の遺伝性、そして環境要因の複合であることが多い。生来要因では、知能や言語の未発達、言語を司る脳領域の異常などである。家族性では、場面緘黙を抱える子供の家族間に極度の内向的な親族が多かったりすることが多い。環境面では、上記の様な学校や幼稚園への入学・入園や引っ越しなどの新たな環境に急激な適応を要求された場合に発現しやすい。しかし、確定的な原因はまだ発見されていない。決して、「母親の過保護」や「虐待のようなトラウマ」が原因

吃音と場面緘黙について理解を深める(全5回): 吃音の治療法

前回は吃音の定義や診断基準などについてお伝えしました。今回は、治療法について詳しくみていきます。また、海外と日本の治療法の違いを紹介します。 I. 吃音の治療方法 大きく直接法と間接法の2種類に分けられる。 直接法: 意図的に話し方をコントロールして流暢な発話を目指す発話訓練 流暢性形成法:吃音を生じさせず滑らかに話す 吃音緩和法:ことばが出ないような苦しい吃音を、軽く繰り返す程度の吃音に変える 統合的アプローチ:上記2つの複合。つまり、具体的な「流暢な話し方」を見せて指導をする 2. 間接法:意図的な話し方のコントロールは行わず、正常な発話を促していく訓練 発話環境の調整:「流暢に話す」体験を増やすような環境の調整 系統的脱感作法:不安や恐怖を生じる状況や物に対して、脱感作と呼ばれるリラクセーション(主に筋弛緩などを用いる)を用いて十分にリラックスした状態で段階的に不安対象に暴露して緩和させる方法 自律訓練法:特定の手順を通した自己暗示によって心身をリラックスさせ気持ちの安定を図る 年表方式のメンタルリハーサル法:「話すことを回避する」ようになった対象者に対して、日常生活では話すことへの意識を向けず回避をしないように指導しつつ、夜間寝る前に頭の中で毎日話すイメージをすること。 治療方法は主に幼児・学童・成人用と区別されているが、基本的には上記のアプローチを組み合わせて指導する。 【幼児期について】 発話環境の調整:子供が自然に真似をしながら楽な発話になるように誘導する。 周囲がゆったりした発話をする 吃音に係わらず、しっかりと子供のはなしを聴く 話す順番などを決めて、落ち着い

吃音と場面緘黙について理解を深める(全5回):吃音の診断基準と治療

吃音(きつおん)や場面緘黙で悩んでいる人は多くいると思います。事実、吃音の人は概ね100人に1人の割合で存在し、日本では約120万人、世界では約7000万人もいるといわれています。2020年現在の日本の総人口が約1億2593万人ですので、数字では1%にも満たないですが、100人に1人の割合で考えると、学校の1学年に1人はいることになります。また、場面緘黙は200人に1人の割合で存在し、日本では約60万人、世界では約3500万人超であるといわれています。よって、1学校に約1人存在している計算になります。 しかし、今現在確実な治療法はまだありません。主な理由としては、舌の動きなどの身体的要因や当事者の心理的要因が複雑に絡んでいるため、その全てにアプローチできる方法が確立されていないからです。幸い、有効とされている療法やトレーニングは存在するので、基本的には症状の緩和に努めています。 また、周囲の人からの理解が得にくいことも特徴の一つです。なぜなら、他の人、とりわけ同年代の子供からは、「変な話し方をしている。」「何度言っても直さない。」「わざとそうはなしているのでは、、」「何が言いたいのか分からない。」、などと誤解されやすいからです。「あえてその様に話している吃り(どもり)」としか認識されないこともあり、親はもちろん、学校の教員や子供たちの理解や認識を改善する指導や支援が欠かせません。 本ブログでは、まず吃音について数回に分けてお伝えしていきます。 1回目は吃音の診断基準や治療に関する現状を説明します。 吃音の定義 吃音とは発話・発声器官に物理的な問題がなく、これらを協調して動かすこ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Facebook Social Icon

© 2016-2020 by LUCREA, Inc.                                     

Photos by Akiko Takata