実践療育セミナー<ABLLS-R(R)>を終えて

5月25日(土)に3回目の「実践療育セミナー」を開催しました。気温が30度を超える非常に暑い日でした。 保護者の方、臨床心理士、言語聴覚士、看護師、大学院生、ABAセラピストの方など様々な職種の方にお越し頂きました。和気あいあいとした雰囲気でセミナーが進んでいきました。 前半は、ABLLS-R(R)の概要について説明をしました。前回同様に、ABLLS-Rを手にとっていただきながら説明を進めました。子ども一人ひとりに合わせて個別計画を作成する上で重要なポイントを確認しました。ABLLS-R(R)は、特に専門知識などなくても簡単にかつ正確にスキル評価ができるように作成されています。初めてこの評価ツールを見た皆さんも、すぐに使い方を理解されていました。 後半のワークショップでは4人でグループになり、IEPを作成してもらいました。どちらのグループも活発な議論を広げ、課題提案をしてくれました。ABLLS-R(R)を活用することで、具体的でかつ有効な個別計画の作成が可能になることを実感してもらえたと思います。色々な見方があり、意見交換をすることで、皆さんがお互いに刺激になったようです。 お二人のご感想をご紹介致します。 (1) Mさま ABAを始めてまだ一年にもならない新人テクニシャンです。 普段担当している子供たちの言語発達を思い出しながら、セミナーのお話を聞かせていただきました。私の働くスクールにはスピーチセラピストの方がいないので、普段聞くことができない話がたくさんありとても勉強になりました。やはりSTの専門の方がいらっしゃるというのは、素晴らしいです。もっと教えていただきたいこ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Facebook Social Icon

© 2016-2020 by LUCREA, Inc.                                     

Photos by Akiko Takata