別れのCoffeeとCream

"So long as the memory of certain beloved friends lives in my heart, I shall say that life is good" - Helen Keller 13カ月間、ことばと行動面の療育支援をしてきた小学生の男の子が残り数日で日本を去ります。 昨日はそのクライアントのご自宅でご家族や親戚だけのホームパーティーに招待されました。 「先生のおかげです」と皆様から何度も何度も言われました。 が、わたしはいつもこう思っています。 わたしが与えられるものよりも、頂く方がはるかに大きいのです わたしが希望と愛を信じて生きていけるのは皆様のおかげです 「生きること」とは何なのかー。セラピストという仕事は、この終わりなき疑問を日々意識させ、その答えのカギを見せてくれます。 昨日は何度も何度も男の子を抱きしめました。 もう会えないかもしれないね。 ありがとう。 ありがとう。 親友と呼べるお友達を作ってね。 I love you and I will miss you so much.... 別れは苦くて甘いチョコレートのようです。 コーヒーとホイップクリームを混ぜたときのように、心は複雑。 落ち着くまで自分をそっとしてあげようと思います。

Job Posting for Translator/Administrative Assistant

Lucrea, Inc. is looking for Translator/Administrative Assistant. Please contact Yoko Sato at info@lucrea.co.jp for more detailed information. LUCREA, INC. www.lucrea.co.jp 4-16-2-303 Nishishinjuku, Shinjuku, Tokyo info@lucrea.co.jp Position: Translator/Administrative Assistant Location: WFH Type: Part time (On adhoc basis) Start Date: ASAP Language: English/Japanese Salary/DOE (paid by a number of words/characters, NOT by hour) Description of Duties Translates written documentation and video transcripts from Japanese to English and English to Japanese in a timely manner. Proofreads confidential English documents for correct meaning, grammar, and consistency. Requirements Native speaker of En

Job Posting for Therapist Assistant

Lucrea, Inc. is looking for Therapist Assistant. Please contact Yoko Sato at info@lucrea.co.jp for more detailed information. LUCREA, INC. www.lucrea.co.jp 4-16-2-303 Nishishinjuku, Shinjuku, Tokyo info@lucrea.co.jp Position: Speech Language Hearing Therapist Assistant Location: Shirokanedai (about 12 minute walk from Shirokane Takanawa Station.) Type: Part time (1-2 hours/Week) Start Date: August 22nd, 2016 Language: English Salary/DOE (950yen/1 hour session) You will assist a registered and certified Speech Language Hearing Therapist in order to provide a variety of natural and social interactions with a 14 year old American girl who has difficulties with: Producing and using speech Unders

ことばの理解と表出を伸ばすために

生後2歳になっても有意味語が数語しかない、3歳になっても単語レベルの発話しかない、など「ことばの遅れ」に関する相談は絶えません。  言語聴覚士の言語療法やABAセラピストによるVerbal Behavior Therapy (言語行動療法)などの個別指導を受けている方、受けていない方に関わらず、家庭で簡単にできるこどもの言語発達を促す方法をご紹介します。これらの方法を日々の生活の中にどんどん取り入れ、楽しみながらことばの使用を広げていきましょう。 ★ セルフトーク(Self-Talk)  こどもと一緒にいるとき、あなたがやっている動作をできるだけ多く言語化して話しかけながら行動しましょう。コツは短く、簡単で、楽しく!例えば、お出かけの時には、「靴を履くよ。」「ドアを開ける。」「外に出るよ。」「さあ、歩こう!」など、語りかけながら行動します。こどもに復唱させる必要はありません。ことばには意味があること、そして、ことばは楽しいということをこどもに認識してもらうことが目的です。 ★ パラレルトーク (Parallel-Talk)  こどもが遊んでいる時、こどもの行動を言語化します。こどもの知っていることばを使い、文は短くシンプルにしましょう。例えば、クレヨンでお絵描きしていたら、「青いバスを描いてるね。タイヤを塗っているね。」や、太鼓で遊んでいたら「太鼓を叩いたね。トントントン。上手に叩けたね!」という感じです。 ★ 質問が多いのは逆効果?  質問は「シンプルで短く」。「何?」「どこ?」といった質問は、語彙を想起させることを求めているため、難しすぎ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Facebook Social Icon

© 2016-2020 by LUCREA, Inc.                                     

Photos by Akiko Takata